地震に強い家をつくることが大切

地震に強い家をつくることが大切

大きな地震が実際に起こったり、将来的に起こる可能性があると言うことで、家の耐震性に注目が集まっています。
家を建てる際、耐震性にもこだわる人が多くなってきました。
お金をかけてでも安全に暮らしたいと考えるのは普通のことです。
耐震性を確実にするために必要なのが、地盤調査です。
地盤がゆるければ家を建てるのは危険になります。
地盤の強度に合わせた基礎工事を行うことも大切です。
地盤の状態が良い場合は、布基礎やベタ基礎が選択されます。
地盤の状態があまり良くない場合は、杭基礎を選ぶのが一般的です。
地盤改良を行ったうえで直接基礎を施すこともあります。
また、耐震性を高めるためには土台だけでなく、建物自体を丈夫にすることも大切です。
木造軸組み構法場合は、とくに耐震性への配慮が必要になってきます。
柱や梁の接合部を金物でしっかり固定するのはもちろん、耐力壁を入れるなどして地震に耐えられるようにすることが求められます。

千葉 別荘
本格的なゲーテッド・コミュニティーのご案内

中古マンション リノベーション
人生における大きな選択をするお手伝い

クロス 張替え 大阪
格安価格で施工します

貸事務所 大阪
駅近物件多数ご用意しています

最新投稿

  • 住宅売却時にホームインスペクターに診断依頼

    今住んでいる住宅を何らかの事情で売却したいときがあるでしょう。
    不動産業者に仲介をしてもらって …

    続きを読む...

  • 不動産の価格は場所によってかなり違う

    不動産と言っても場所によってはかなり価格が違います。
    都心でこれから開発が続いていくような場所 …

    続きを読む...

  • 長く検討した末に不動産経営をスタートさせる

    賃貸アパートを購入し、不動産経営をスタートさせるまでにはかなり長く検討する時間がありました。

    続きを読む...