地震と火災に強い住まいをつくろう

地震と火災に強い住まいをつくろう

地震大国と言われるわが国では、地震に強い家を建てることが求められます。
基礎に気を配ったり、耐力壁をバランスよく入れるなどいろいろな方法があります。
地震対策技術は昔に比べ、格段に進歩しました。
しかし、建物の耐震性だけを高めれば大丈夫なわけではありません。
地震では家具の転倒などでけがをすることも多いです。
家具などが転倒しにくいプラン、安全に素早く非難できるプランもしっかり考えておくことが求められます。
当然ながら、避難ルートには背の高い倒れやすい家具は置かないようにすべきです。
どうしても置かなければならない場合は、転倒防止の策を講じましょう。
壁に下地を入れて固定するなどの工夫が必要です。
また、火災にも気をつけなければなりません。
地震と火災はタッグのようなものです。
耐火性を高めるポイントをきちんと理解しておきましょう。
最近は、家庭用の消火器や簡易型スプリンクラーを導入する家庭が多くなってきました。